1歳からの事故予防(室内編)

0歳の頃と比べると、行動範囲が広がり、一人でできる事も増えているのではないでしょうか。
事故の種類も多様になるので、十分に気をつけたいですよね!
ここでは1歳からの事故予防(室内編)をご紹介したいと思います。

屋外編はこちら☆

台所

・ガスコンロにはロックを

子どもがガススイッチを触っても着火する事がないように、ロックする習慣をつけましょう!
ロック機能がない場合は、元栓を閉めましょう。

・炊飯器やポットは、手の届かない所に

炊飯器やポットから出る蒸気はとても熱く、やけどの原因になります。
手の届かない所に置きましょう。

・扉ガードをつける

扉を開け、包丁を出されたり、食器を出して落としてしまったら、ケガにもつながります。

ゆっきー
ゆっきー

危険がいっぱいある台所、対策が難しい場合は、台所に入れないように、柵をつけるのもいいですよね。

浴室

・浴槽に湯は残さない

10㎝の深さでも、溺れてしまうそうです!
浴槽を覗き込んで、そのまま落ちてしまった場合、怖いですよね。
湯を残す場合は、浴室に鍵をかけるなどの対応を。

・滑りやすいので足元に注意

洗髪中に、湯船で足を滑らせて、頭部をぶつけたり、溺れてしまう事も!
1人で湯船に入れる事はやめましょう。

我が家では、浴室にマットを敷いて、私が洗髪中は、マットの上でおもちゃで遊んで待たせています。
寒くないように、時々湯をかけています♬

リビング・ダイニング

・裸足は滑って転ぶ危険性が高い

跳んだり跳ねたりするのが楽しくなる時期。
靴下は滑る原因にもなるので、家の中では脱がすようにしましょう。

・誤飲に注意

医薬品や電池など、誤飲してしまわないように気をつけましょう。
電池は胃に穴が開く事も!すぐに医療機関を受診しましょう。 

ゆっきー
ゆっきー

洗剤類も誤って飲み込まないように、手の届かない所に置いておきましょう。

・テーブルクロスは使わない

子どもがテーブルクロスを引っ張り、その上に置いていた物が、子どもの上に落ちる事もあります。
熱い飲み物などは、やけどの原因にもなります。

・家具のコーナーにはカバーを

0歳の時よりも、活発に動くようになり、勢いよく転倒してぶつける事も。
カバーをつけておく事が大切です。

・コンセントはカバーを

コンセントやコードに興味を持つ子ども。
カバーをつけたり、家具を置いて触れないようにしましょう。

・ドアに指が挟まらないように、クッションやカバーを

ドアが勢いよく閉まらないように、ドアノブ側にはクッションを、ちょうつがい側には指が入らないようにカバーをする事も大切です。

・危ない物は、子どもが届かない所や、奥の方に片付ける

椅子の上に上がって、物を取る事ができるようになってくるので、子どもも取れないように奥の方に片付けたり、椅子に乗っても届かない所に片付けるようにしましょう。

ベランダ・窓際・階段など

・ベランダや窓の近くには、子どもが乗れるような椅子や台を置かない

椅子や台の上に上がって、誤って転落してしまう事も!
どうしても置かないといけない場合は、窓が開かないようにロックするのを忘れずに!

・階段には柵をつける

階段の上から転落したり、足を滑らせてしまわないように、柵を取り付けておくと安心です。

最後に

・安全な環境を整える

0歳の頃と比べると、心も体も大きく成長しています。
子どもの行動を制限するのではなく、安全な環境を整えましょう。

・子どももケガをしながら成長する

1歳は、体のバランスがうまく取れませんし、興味を抱き、危険なものかそうでないかの判断ができずに、ケガをする事も。
ケガをしながら、子どもも学んでいきます。

・病院に行くような事故は防ぐ

全てのケガを防ぐのは不可能です。
小さなケガは、仕方のない事ですが、病院に行かないといけないような事故は防ぎたいですね。

いかがでしたか?
今回は室内編について、まとめてみました。

琴(娘)も、1歳3ヶ月になり、ハイハイよりも歩くのがメインになってきて、今まで届かなかった所にも届くようになりました。
少しでも危険な事故を防ぐためにも、我が家も色々と見直したいと思います!

少しでも、どなたかの参考になれば嬉しいです(*^-^*)

そしたらね~(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA