初心者でも簡単にできる!100均の材料で作る赤ちゃんのヘアバンドの作り方

ゆっきー
ゆっきー

以前、ヘアバンドを作った時の記事はこちらにまとめていますので、よかったら見て下さい☆

始めに

琴は薄毛ちゃんなので、ヘアバンドをつけて、男の子に間違えられないようにしています。
今まで買っていたヘアバンドも、そろそろきつそうだし、はぎれでヘアバンド作れないかな?と思ったのが、キッカケでした。
はぎれやタオル生地でも作りましたが、手ぬぐいで作ったのが、一番使いやすかったので、今回は手ぬぐいで作る赤ちゃん用(だいたい43㎝~50㎝用)のヘアバンドの作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの

・手ぬぐい
・ゴム(1.5㎝幅のもの)
・針
・糸
・はさみ
・定規
・チャコペン
・安全ピンorヘアピン(ゴムを通す時にあると通しやすい)
・まち針orクリップ(縫う時にズレないように固定できるもの)

作り方

1、手ぬぐいとゴムを切る

手ぬぐいは、リボン用、ゴムカバー、頭の上にくる布、それぞれのサイズに切ります。

2、リボン用の布をⅬ字に縫う

ゆっきー
ゆっきー

ほどけるのが心配だったので、全部「一本取り」ではなく「二本取り」で縫いました。

表面を上にして置き、半分に折って、上からだいたい1㎝の所をⅬ字に縫う。返し口は縫いません。

線の上を縫います

3、返し口から裏返し、返し口を縫う

裏返し終わったら、返し口を1㎝程中に折り込み、まつり縫いをします。

4、ゴムカバーと頭の上にくる布を直線に縫う

表面を上にして置き、半分に折って、上からだいたい1㎝の所を直線に縫います。

線の上を縫います

5、返し口から裏返し、ゴムカバーにゴムを通す

  縫い目が真ん中に
  くるように置きます

安全ピンやヘアピンでゴムを挟んで通すと、通しやすいです♬

6、ゴムカバーとゴムの両端を一緒に縫う

布の真ん中にゴムがくるようにして、ほつれないように、少し内側を縫いましょう。

線の上を縫います

7、頭の上にくる布とゴムカバーを合わせ、両端を縫う

頭の上にくる布縫い目が裏面にくるように、そしてゴムカバー縫い目が表面にくるように、持ちます。

頭の上にくる布のはみ出した部分は、ゴムカバーを包むようにして、一緒に縫います。
反対側も同じように縫います。

水色と、白の線の上を縫います

8、ひっくり返し、形を整えたらヘアバンドが完成

9、リボンを巻き付けて完成

終わりに

リボンはヘアバンドに縫い付けていないので、外したり、リボンの位置が変えられます。
他にも色んなヘアバンドを作りたいと思っても、この作り方が簡単で何回も同じような物を作ってしまいます(笑)
柄が違うだけで雰囲気も変わるので、おすすめです♬
ぜひ作ってみて下さい☆

そしたらね~(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA