里帰りを振り返って

2022年4月6日、第2子、楓が生まれました。

逆子だったので37週6日で外回転術を受けましたが治らず、そのまま帝王切開になりました。

傷がしばらく痛んだり、麻酔の副作用で肩や胸辺りが痛くなったりと大変でした。

入院したその日から、琴は実家で預かってもらっていました。

みてねに写真や動画を載せてくれていましたが、いつもニコニコで楽しそうでした!

入院中は1回だけ旦那と面会に来てくれました☆

私が楓を抱っこしても嫌がらないし、可愛がってくれます♡

旦那とも「琴がどうなるか心配だったけど、大丈夫そうでよかったね!」と話していました(#^^#)

退院して私と楓も一緒に実家にお世話になる事に。

琴は、1人で実家に泊まっていた間も、「泣く事がなくて、1人で寝られるし、モリモリ食べて、本当にいい子だったよ!」と、両親に言われました。

ただ、私が楓を連れて家に来てからは、些細な事で泣いたり、私が少し外出するだけで、その後なかなか私から離れなくなったり、寝るまで横にいないと寝付けなかったりするように…(>_<)

沢山寂しいのを我慢して、頑張ってくれてたんだね。
ありがとう☆

里帰り中に1ヶ月健診や、産後健診がありました。

こういった時にも、琴を両親に見ていてもらい、外出できるので、とても助かりました☆

先生から、妊娠する前の生活に戻していいと言われたので、この頃から両親にも付き合ってもらい、みんなでお出かけするようになりました♬

そして実家でお世話になって、47日。
いよいよ明日(5月29日)、自宅に帰ります。

琴を出産した時も、お世話になりましたが、今回は子どもが2人いたので、実家に帰らせてもらえて本当に助かりました。

旦那は月に7,8日は泊まりでいないし、休みも月に3日程。

ワンオペだったら、かなりきつかったと思います(>_<)

それに、琴の対応ができなくて、退院してからも、寂しい思いを沢山させる事になっていました。

ご飯を作ってくれたり、買い出しに行ってくれたり、洗濯してくれたり、琴と遊んでくれたり、琴をお風呂に入れてくれたり、お風呂を沸かしてくれたり、楓を抱っこしてくれたり…

両親が2人とも元気でいてくれたからできた事です。
感謝ですね(^-^)

新生児の頃は、授乳時間以外はほとんど寝てくれていたので、そこまで大変ではありませんでしたが、少しずつ起きている時間が増え、寝かしつけに時間がかかるようになりました。

楓の泣き声で琴が起きたり、琴が楓を起こしてしまったり…

寝不足になる事が沢山ありましたが、両親がいてくれたおかげで、子ども達を見てもらっている間に寝る事ができました。

自宅に帰ってからは、そうもいかないんだろうな~(^_^;)

何日も前から、「あと〇日で帰るんだね。寂しくなるね」と言っていました。
これまでも月に3,4日は、会いに来てもらっていたので、全然会えなくなるわけではないんですけどね(笑)

早く自宅に戻って、旦那と4人の生活をスタートさせたい半面、1人で家の事を回せるのか(約1ヶ月半、本当に何もしていないので)不安ですが、旦那と協力して、やっていくしかないですね。

完璧を求めず、適度に力を抜きながらやっていきたいと思います♬

最後まで読んで下さってありがとうございました☆

そしたらね~(^_^)/~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA